アンテナ

アンテナは遠く離れた場所から電波を受信するための設備ですが、なんとこれWiMAXの電波を受信するための道具としても使えるそうなんです。

 

よく検索エンジンのサジェスト一覧に「WiMAX 電波 悪い」「WiMAX 遅い」などという単語を目にしていましたが、今回、アルミホイルを使った画期的な電波増幅方法をご紹介していきたいと思います。

 

興味のある方はぜひ最後まで参考になさってください。

必要な材料 作り方 仕組みの説明

WiMAXの回線を向上させるために必要な自作アンテナですが、必要な材料はなんとたったの2つだけ。

  1. 100均で買えるザル
  2. アルミホイル

ダイソーで売っているザルありますよね。あのザルと、もう1つアルミホイルをホームセンターで買ってくるだけ。これだけで自作アンテナが作れてしまいます。

 

要は空中に散らばっているWiMAXの無線信号を拾える量を増やせば良いだけなので、電波を弾くことができるアルミホイルを100均で買ったザルに撒くだけでOK

 

すると、そのザルの中に入った電波信号が勝手にザルの正面に集まってきます。あとはその中心にお使いのWiMAXルーターを置くだけ。たったそれだけのことで、WiMAXの回線速度が回復したという人が結構いるみたいで、実際に多くの人が試しています。

実際に使っている人のレビュー

この通り、わざわざザルにしっかりアルミホイルを撒かなくても敷くだけで効果を感じられる人もいます。ちょっと準備が面倒臭いという人は、一旦アルミホイルだけカーマホームセンターで購入してきてください。そして簡単な空間を作り、そのアルミホイルの中央にWiMAXのルーターを置いて、もう一度回線速度をチェックしてみましょう。

こちらは実際にザルとアルミホイルでWiMAXの回線速度を大幅に上げることができた人のレビューです。この人のように素直に効果が出れば文句ありませんが、中にはあまり回線速度が向上しなかった・・・という人もいるみたいです。ただ、理屈で考えればまず間違いなくネットに接続できる速度は向上するはず。どうしても上がらないという場合は、何か別の原因があるのかもしれません。

アルミホイルの自作アンテナを使っても回線速度が上がらない場合

工作

アルミホイルをザルに撒いてWiMAXの電波をたくさん受信させることに成功しているものの、なぜかルーターの速度が上がらないという場合には、以下のような原因が考えられます。

  • そもそも規制がかけられている。
  • そもそも通信障害が出ている。
  • 対象エリア外だった。

そもそも規制がかけられている。

いくらWiMAXの電波を多く拾えているからと言っても、あなたのSIMカード自体が規制を掛けられていては元も子もありません。最近ではギガ放題プラスプランなどの最新コースが出ていますが、それでも3日間で使えるインターネットの通信量は15GBまで。それを超えてしまうと、翌日の夜8時あたりから1Mbpsという通信制限がかけられてしまいます。これではアルミホイルを使う意味が全くありませんね。

 

規制のせいで一時的に回線速度が落ちている場合は、ルーターのホーム画面から3日間の通信量を確認したあと、また後日、挑戦してみてください。今日のところはどうしようもありません。また、もしライトプランで契約をされている人の場合は、明日になっても月が変わらなければ規制は外れません。そのため、できればWiMAXを使う場合、ギガ放題プラン以上の通信容量が確保されているゆったりとしたプランを契約することをオススメします。

そもそも通信障害が出ている。

万が一、回線提供事業者のUQ WiMAXの方で何か通信障害などが起きている場合は、例えアルミホイルを使っても回線速度は変わりません。こちらに関してはもうどうしてもないので、とありえずUQ WiMAXの対応を待つほかないでしょう。また、そういった場合は漫画喫茶などのフリーWiFiを使って情報を確認してみると良いでしょう。

対象エリア外だった。

WiMAXでネットサーフィンをしているそこのあなた。なんか最近遅いなぁと感じる機会が増えたと思いませんか?実はそれ、あなたの住まいに大きなビルなどが建ってしまったことが原因かもしれません。WiMAXの電波は直線に強いという特徴を持っていますが、もし電波拠点とあなたの住居までの中間に巨大なビルが建ってしまうと、残念ながら受信速度が大幅に下がります。

 

一度、UQ WiMAXの公式サイトでエリア確認をしてみて、判定マークが△であった場合は、WiMAXではなく携帯電話の方のネット増量プランを検討した方が良いかもしれません。もし判定が○だった場合は、おそらくアルミホイルとザルで自作アンテナを使うことでギリギリ補えるはずです。アンテナの位置を調整してもう一度確認してみてください。

 

また、WiMAXの回線速度を調査する際には、下記のサイトなどを使ってダウンロード速度(下り速度)というものを測りましょう。この数値が3Mbps以上であれば、ネットの観覧はまず問題ありませんが、動画の視聴時には相応のデータ通信量を要求されますので、もう1つの目安として15Mbpsを覚えておいてください。これだけあればYouTubeの標準画質をWiMAXを使ってストレスなく視聴することができるはずです。

https://fast.com/ja/